相互リンクとSEO

0
    少しばかりの思うところがありましたので
    私の相互リンクに対する考え方を書いて見ます。
    えっと、アクセスアップという観点からの相互リンクについてです。

    相互リンクの目的にも色々あると思いますが、主なものは

    ・サイト間(管理人間)の親睦を深める為
    ・自サイトのアクセスアップを図る為

    ではないでしょうか?


    で、アクセスアップなのですが、

    ・相互リンクのリンクを直接経由してのアクセスアップ
    ・被リンクによるSEOによる検索エンジンからの間接的なアクセスアップ

    があると思います。

    で、特に

    相互リンク=SEO

    のような考えも多くあるようです。


    が、その考えには私的にはちょっと待ったなのです。

    えっと、今仕事中なのでざっくばらんに書きますが

    「ブログの相互リンクでSEOを求めるのは止めましょう!」

    という事です。
    それは当然、道徳論とかそんな話ではなく、あくまで技術論としてです。

    リンクポピュラリティー?え、そんなものないですよ! 

    という話です。

    あ、極論です。
    でも、大部分のブログサイトからのリンクには
    そのような効果はほとんどありません。

    そして、ブログに限らず
    他者にSEO的な効果をもたらす様な
    「質の高い」リンクを提供できるようなサイトもほとんどありません。

    特にブログの場合、
    「発リンク数」がめちゃくちゃ多くなりやすいので、
    特に効果は「?」なのです。

    発リンクが多くなるとなぜダメなのか?

    先ほど「質の高い」サイトはそうはないといいましたが(SEO的に)
    それにも関わらず1ページから100を超えるようなリンクを貼っているようなページのリンクが価値があると誰が考えるでしょうか?

    普通の人はそうは考えないと思います。
    したがって人が作った「検索エンジン」もそうは考えません。

    だから、サイドバーにずらーとリンクが貼ってあるサイトからのリンクでは
    そのSEOの効果はほとんどなくなってしまします。

    いわゆるTOPリンクというやつですね。

    では自分のブログからのリンクのSEOの質を高めるにはどうしたら良いか?

    それは、サイドバーのトップリンクを外してしまうことです。

    そして、相互リンクの場合、相互リンク専用のページをつくり
    そこから相手にリンクを貼るのです。
    その際、1ページあたりのリンクを貼る相手先の数もあまり多くしないようにしてください。
    ページやサイトの構成にもよりますが、20〜30リンクぐらいまでがベストなのではないでしょうか?
    1ページにリンク先が100とかいうのは止めましょうね。


    実際はそんな単純な話ではないのですが、全体的なイメージとしては
    そんな感じです。


    でも、トップリンクがダメだといっているわけではないですよ。

    実際、トップページからのリンクからのアクセスというのは結構な頻度で発生しますし、
    それ以上に、
    本来、そのサイトの顔であるトップページにリンクを貼るという事は、

    相手サイトに最大限の敬意を払う事に等しいからです。 

    ですから、そういう意味でのトップリンクは非常に素晴らしい事だと思います。



    そんなわけで今までこのブログではトップページからの相互リンクは
    やっていませんでしたが、今回トップリンクをはじめてみました。
    したがって当分の間、このブログからのリンクにSEO的な効果は
    ほとんどなくなってしまいます。(;^_^A

    実際のところ、このブログで相手サイト様にSEO的な貢献は今の段階では難しいだろうということでの方向転換だと思ってください。

    何とか相手サイト様に少しでも質の高い「アクセス」を送らせていただこうという、試みです。

    トップページにランキングを貼り付けた理由の一つもそのためです。

    これはあるテーマの発案者様、賛同者様の考えの一部に共鳴したからでもあります。

    そして、自分のこのブログに対するスタンスに合致する部分があったからでもあります。
    参照:「私がブログを始めた理由

    SEOに頼らない、ブログの特徴を生かしたアクセスアップの実験という感じでしょうか?


    話がそれましたがそんな感じです。
    (というか、仕事中に途切れ途切れ書いてますので自分でも話の流れが分からなくなっています。)

    まとめると
    SEO=相互リンク的な考えは止めましょう。 

    でも、相互リンクはアクセスアップには貢献します。 

    そして、相互リンクは素敵なものです。 

    そんな感じでしょうか?


    トップリンクがダメといっているわけではないので、
    むしろTOPリンク推奨です。

    ただし、SEOを求めるならちょっと考えてね。です。

    そんなわけで?
    当サイトからのアクセスアップを期待する方は
    是非アクセスランキングに参加してみてください。
    今はそれほどあなたのサイトへのアクセスアップに貢献は出来ませんが、
    今後、少しでも多く貢献できるように努力いたします。


    そして、SEO的な効果を少しでも期待する方は、
    相互リンクをご依頼ください。

    喜んで当ブログからリンクを貼らせていただきますし、
    (トップページでもリンク集からでもどこからでも貼りますよ)
    以前から相互していただいている方も、今後していただける方にも、
    少しでもSEOに貢献できるようなリンクをご用意します。
    このブログ以外からもリンクを貼らせていただきます。

    ただし、ちょっとだけ時間をください。


    あ、それと当ブログではランキング参加と相互リンクは別々なものと考えてますので、もし興味がある方がいらっしゃいましたら、それぞれごとにお申し付けください。

    即効性ならアクセスランキング、長い目で見れば相互リンク、
    仲良くなっていただける方ならどちらでも。

    という感じです。

    あ、ちなみにアクセスランキングはトップページ以外からでも参加できますので。

    相互リンクに関しては

    トップページからのリンク、大歓迎!! 

    リンク集からのリンク、大歓迎!! 

    それ以外からのリンク、大歓迎です!! 



    あ、SEOの話でしたっけ?

    SEOに関して今回書かせていただいた内容は結構極論に振ってますが、
    基本的な私のSEOのスタンスです。

    SEOに関してはここでは到底書ききれませんので、
    今後記事にしていきたいと思います。

    実はだいぶ前からSEOの記事の最初の一文だけはもう考えてあります。
    それは、
    「SEOをインターネットで学ぶのは止めましょう!」です(笑)

    という訳でこのページのSEOに関する考えを利用する際には充分注意をお払いください。
    ご利用は自己判断にてお願いいたします。(=^_^=)


    あ、私実はSEOフェチ何で、SEOに関する話題は大歓迎です!


    こんな”ひで”を応援してやろうという方は
        人気blogランキング

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM